法律についての簡単な知識

法律についての簡単な知識

HOME 学習教材 文具 運営者情報 ブログ

そこまでやるか!文具王 高畑正幸の最強アイテム完全批評 (日経ホームマガジン) [ムック]



内容紹介

日本の文具はすごい!
「文具王」の異名を持ち、某文具メーカーで尖った商品を生み出し続ける
高畑正幸氏による日本の最新文具ナビゲート!

★☆★[特別付録]コピー用紙が手帳に変わる?!「保存するメモ帳アブラサス」体験版!★☆★

【書く】
◆冷やすと戻る!?消せるボールペン  フリクションボール(パイロットコーポレーション)
◆メカメカしいが実は「楷書」が大得意 クルトガ(三菱鉛筆)
◆「キャップ不要の蛍光ペン」に驚くべき“まぶた”のカラクリが! ハンディラインS(ぺんてる)
◆ボールの回転数はF1並み!?滑るように書ける油性ボールペン  ジェットストリーム(三菱鉛筆)
◆“指で加圧する”ボールペン!現場に強いアイデアの数々に脱帽 エアプレス(トンボ鉛筆)
◆「おんぶvsだっこ」!手帳と相性抜群の“しがみつく”ボールペン
 おんぶっく(トンボ鉛筆)/バインダーボール(サンスター文具)
◆不満解決!「芯折れ」に挑んだシャープペンシル オ・レーヌ(プラチナ万年筆)
◆名前だけじゃない!体験したことのない「10B」の軟らかさ 筆鉛筆(三菱鉛筆)
◆ルーズリーフみたいに使える!ビジネスにも向く“ほぼ最強”ノート ツイストリング・ノート(リヒトラブ)
◆「ただのコピー用紙」を使うメモカバー。“適当”な便利さに参った!
 保存するメモ帳 アブラサス(バリューイノベーション)
◆250年ぶりの大変革!海外から来た“天むす”色鉛筆 カラーストライプ(リラ)
【消す】
◆まるで「きりたんぽ」と「田楽」だ!極細ピンポイント消しゴム MONO ZERO(トンボ鉛筆)
◆文字を「文字」で隠す!これは人間の脳に対する挑戦だ ケシポン(プラス)
【切る】
◆カッターナイフにイイトコドリ新規格!(上手に使うコツも) 万能M厚型(オルファ9
◆驚きの刃交換方式!10年使える“機能美”カッター MZ-AL型(オルファ)
◆ペン型ハサミが隠し持つ“驚きの機能”に脱帽! ペンカット(レイメイ藤井)
【貼る】
◆セロテープが“真っすぐ”切れる衝撃の仕掛け テープカッター 直線美(ニチバン)
◆“もう一つのDS”に期待!道具と関節の関係を克服する テープのりDS(ニチバン)
◆“スタンプ専用”なのに押してない!?テープのり ドットライナースタンプ(コクヨS&T)
◆シールが蛍光ペンや修正テープに!?体積、重さほぼゼロの“貼る文房具” ポータブル(エーワン)
◆ゾウとネズミの関係と同じ?ミニ文具のウラ側には別世界が…
 消えいろピットXS(トンボ鉛筆)
◆20年目のMac対応に興奮!これは“テプラ2.0”だ テプラPRO SR3700P(キングジム)
◆デザイン一新のキューブ型意欲感じるが、納得いかない点が テプラPRO SR600(キングジム) ほか


By 
hamachobi
(VINEメンバー)    (トップ100レビュアー)   
レビュー対象商品: そこまでやるか!文具王 高畑正幸の最強アイテム完全批評 (日経ホームマガジン) (ムック)

元ネタは「日経トレンディネット」の連載「最新文具ワンダーランド」。この本のタイトルどおり、まさに「そこまでやるか!」というぐらい各製品の詳細な紹介に圧倒される。文房具好きな私は、かなりのボリュームにも関わらず、あっという間に読み終えた。

しかも、「はじめに」で著者の高畑氏が書いているように、一般的なレビューではない。著者に言わせれば、ここで掲載されているのは「製品プロファイリング」であり、「製品プロファイリング」とは、「製品の特徴や構造など、製品そのものから得られる情報をもとに、設計者は何を考えて夜煮出したのか、設計意図や製作者の想いなど、パズルを解くようにたどっていく一種の思考(妄想)ゲームである」。

これがいい。自分もこの本に掲載されている文具、特に自分はペンやノートが好きなので、ペンや文具は自分でも使っていて、便利でいいなぁとは思っていたが、その一つひとつの文具の設計者の意図や想いまでは考えたことがなかった。それを解き明かそうとする著者の想いに脱帽した。
まさに「たかが文房具、されど文房具」。取り上げられている文房具が、日本の技術の粋を集めた工業製品であり、誇るべきものだということがよくわかった。

特別付録として、「保存するメモ帳 abrAsus」の体験版が付いているのも面白い。まぁ、付録なので、ホンモノに比べるとチープ感は否めないけど、そのメモ帳の優れた機能は確認できるだろう。自分は、このスタイルではなくて、IDカード型のEvernoteエディションを使っているが、とっても重宝している。


By 
読書が好き "絶望は愚者の結論である"
(トップ500レビュアー)   
レビュー対象商品: そこまでやるか!文具王 高畑正幸の最強アイテム完全批評 (日経ホームマガジン) (ムック)

この本を読んでいると、日本がまだまだ大丈夫である事が解る.この本に紹介されている文房具の数々のこだわり、工夫は他国にはあまりみられないものである.しかも、高価でないものにも徹底したこだわりがある.こどもにクルトガを知っているかと聞いたら、常識!!!!と言われた.日本の技術者の底力を、感じさせてくれる本である.読んで損は無い.ムックとしても楽しい.付録も面白かった.

By 
のの
レビュー対象商品: そこまでやるか!文具王 高畑正幸の最強アイテム完全批評 (日経ホームマガジン) (ムック)

記事はしっかりしていて読み応えありました。
残念なのは付録。
体験版とはいえ、紙で作るメモケースとは思わなかった。
書店で手にとっていたら買わなかったかもと思うぐらい微妙。
こだわりあってのものなんだと思うけど、残念感の方が強いのは私だけ?
付録以外はよかったので星四つです。